宅配クリーニングのメリット、デメリットは? 宅配クリーニングのメリット・デメリットのまとめ!

MENU

宅配クリーニングのメリット・デメリットをまとめました!

メリット

  • 自宅で出せて自宅で引き取り
  • どこでも出せてどこでも引き取り
  • 自身のスケジュールに合わせて出す事が可能
  • まとめて出せばコストも安い
  • 長期保管などのサービスを使えば収納のお悩みも解決
  • 革製品・靴などの専門的な物だって宅配で楽々クリーニング

デメリット

汚れの程度や素材によってクリーニング出来ない場合がある
少数枚の利用だと輸送コストで割高になることも
物によっては時間がかかる

 

宅配クリーニングのメリットは何といっても「自宅から出せる利便性」です。

 

冬物のコートや厚手のセーターなど、
かさばる洋服をクリーニング店まで持っていく(引き取る)のは女性にとって大変な作業ですよね。
その手間と労力がないのは嬉しいポイントです。

 

引き渡し・引き取り共に宅配業者さんに時間指定を出来る事がほとんどですので、
自宅で家事をしながら、育児をしながら、というような時間の使い方が可能です。
どうしても深夜にしか時間がない・・・なんて場合でも最寄りのコンビニから出すこともできます。

 

また、自宅で出して出張先で引き取り、その逆といったように発送・到着場所を自由に選べるのもメリットのひとつ。

 

移動中にスーツにシワがついてしまうのが気になる、
というサラリーマンの方は自宅からクリーニングに出して宿泊先のホテルに届けてもらう、帰る前にホテルから出して、
帰りの荷物を減らす、なんて使い方も。

 

洋服の点数に応じたセット料金を設定しているお店では、
使いようによってかなり安くクリーニングが利用できることもあります。

 

さらに、長期保管のサービスを使えば、面倒な衣替えの手間やひとり暮らしで少ない収納スペースのお悩みも解決できちゃいます。
革製品や布団など、普通のクリーニング店では受け付けていないクリーニングだって宅配なら専門店がすぐに見つかります。

 

このように仕事やご家庭の都合に合わせて利用でき、
費用面や専門性でも優れたサービスを提供しているのが宅配クリーニングです。

 

一方、宅配クリーニングは直接クリーニング屋さんに引き渡すわけではないので、
汚れの具合や付属品の素材など細かい部分の連絡が行き届かないことがあります。

 

多くの宅配クリーニング店では、配送前のガイドラインを細かく説明していますが、うっかり見落としてしまったりすると
本来クリーニングを受け付けていない洋服を送ってしまって思わぬトラブルを招くなんてことも。
また、クリーニング後の返送時に折りたたんで入れた衣類がシワになってしまった、なんてケースもあります。

 

これらは利用する前にメールや電話で直接問い合わせ・相談をすることで防げるケースがほとんどですが、
大切な衣類だからこそ事前にしっかりと確認する必要がありますね。

 

さらに、宅配クリーニングはある程度のボリュームがないと輸送コストがかかるので、
「Yシャツを数枚だけクリーニングしたいんだけど・・・」なんて使い方にはあまり向いていません。

 

配送の時間を挟むので、簡易なクリーニングの場合には店舗よりも納期が遅くなる場合もあります。
そういったケースでは店舗を利用した方が良いでしょう。

 

まとめ

 

  • 「少しだけクリーニングに出したい」
  • 「急いで(1-2日)仕上げてもらわなきゃならない」

といったケースでは最寄りのお店へ

 

  • 「お店まで持っていく手間と労力を省きたい」
  • 「ある程度のボリュームをクリーニングに出したい(費用を安くしたい)」
  • 「衣替えの季節に長期保管を利用して収納をあけたい」
  • 「近くのお店では受け付けてくれない物をクリーニングに出したい」
  • 「近くのお店のサービスに満足していない」

 

こんな場合には宅配クリーニングを利用、といったように使い分けをするのが最も賢い方法と言えるでしょう。
生活の多様化で様々なニーズが生まれる中、「お客様主導」のサービスとして生まれた宅配クリーニングは、忙しい主婦の皆様の味方となってくれること間違いなしです♪