宅配クリーニングは臭い対策は大丈夫?

MENU

宅配クリーニング臭い対策

クリーニングから戻ってきた衣類がなんか石油臭い・・・

 

これは家庭で行う洗濯と違い有機溶剤を使ってすすぎの工程を省くドライクリーニング特有の現象で、
宅配・店舗型どちらのお店でも起こり得る現象です。

 

臭いが残るのはこの溶剤の処理(再使用するため)と乾燥の工程の甘さが主な原因と言われています。

 

お店の品質と技術力に直結する部分ですので、
中々詳細までは分からないことが多いのですが、2つのポイントを抑えておくと臭いの心配はなくなります。

 

宅配クリーニングは臭い対策は大丈夫?

溶剤についてきっちりホームページ上で告知をしているか?


ドライクリーニングの手法自体はどこも行っていることですが、溶剤の取り扱いはコストが関わる部分ですので企業秘密に近いところです。
この部分を自信を持って宣伝できているかどうか、それとも曖昧な表現でごまかしているか、は大きな指標になります。

 

宅配クリーニングは臭い対策は大丈夫?

「オゾン洗浄」という技術を使っているか?


これは専用の装置でオゾンガスを発生させ、洗浄・殺菌・消臭効果を高める技術です。
オソン(O3)は時間経過とともに酸素(O2)に戻る性質を持っており、その際に強力な殺菌力・消臭力を発揮します。
水洗い・ドライクリーニングどちらにも使える技術で、薬品での洗浄と違い衣類に残存しませんので安全性が高いのも特徴です。

 

店舗型の場合お店に直接聞きづらいようなクリーニング方法も、宅配クリーニングならネット上で様々な情報を得ることができます。
臭いに関する心配は、是非ともこの2ポイントをチェックしてみてくださいね♪