納期に注意!礼服・学生服宅配クリーニング利用の落とし穴

MENU

宅配クリーニングで礼服・学生服を出す時の注意点

頻度は少ないながらも冠婚葬祭の大事な場で着る礼服は、都度クリーニングを利用してメンテナンスをしておきたいアイテムです。

 

価格はワンピースなのか、ドレスなのか、男性用なら略式なのか、
タキシードなのか、など形状によって変わってきますがおおよそ上下で1500円程度からが相場となっています。

 

普通のスーツ上下より少し高い程度ですね。
他の一般的な衣類と同様パックを利用できるところも多く、
まとめて送る宅配クリーニングを利用してより安く利用することもできちゃいます。

 

が、ちょっと待った。

 

礼服やお子さんの学生服は急に入り用になることがあります。
利便性や価格面で優れる宅配クリーニングの場合、「すぐに戻ってこない場合がある」ということは忘れてはいけません。

 

パックであれば当初から設定された納期、個別料金で出した場合でもまとめて出した場合には納期の遅いものに合わせて返送、といのが宅配クリーニングの基本です。

 

また、長期保管サービスを利用してしまった場合「礼服だけ返送して欲しい」というのも難しく、預けた衣類全部まとめて返送となり、収納が足りない!なんてことにもなりかねません。

 

予備があれば気にする必要はありませんが、礼服と学生服についてはクリーニングに出すタイミングを十分注意しましょう。

 

ちなみに礼服・学生服の通常の納期は1週間程度。

 

急な入り用に備えることを考えると、礼服・学生服は店舗型クリーニングを利用した方が良い数少ないアイテムかもしれませんね。

 

 

オマケ

ちなみに礼服に関するクリーニングを色々比較していたらビックリしたのが白洋舎さんの「カスタム 礼服 7000円」。
他のクリーニングが上下セットで1500円程度から可能な中、なんじゃこの値段!?
とビックリして、直電突撃してみたところ・・・

  • カスタム仕上げは1着ごとにカルテを作りメンテナンスも含めて新品以上の仕上がりをお届けするサービス
  • 納期はなんと約1ヶ月

という驚きのVIP仕様でした(笑)。

 

さすがクオリティを追求する白洋舎さんですね。

 

お子さんの結婚式を数ヵ月後に控えたお父さんお母さんのような、
一生に一度の・・・という舞台が控えた方には是非知って頂きたいサービスでした。

 

尚、礼服上下の通常料金は1800円〜。ちゃんとリーズナブルなコースも用意してあります。

 

納期については通常1週間程度ですが、急ぎの場合は工場隣接店なら1〜2日での仕上げも可能とのこと。
とても丁寧に説明してくださいました。

 

やはり、気になることは直接問い合わせするに限りますね。